現実から逃げるように助けを求める鹿児島神待ち少女

現実から逃げるように助けを求める鹿児島神待ち少女

家出してPCMAXへの逃避行!人には言えない事情

家出してPCMAXへの逃避行!人には言えない事情

PCMAXに集まっている少女と言えば、家出していることが多い。人には言えない事情を抱えている子もいるので、そこは察してあげることが必要だ。

先日出会った少女もある事情で家出している子だった。そんな子たちの神待ちもまた必要なことなのかもしれない。

アミュプラザで出会った神待ち少女

アミュプラザで出会った神待ち少女

PCMAXで少女が待ち合わせ場所に指定してきたのはアミュプラザの前だった。時間にして20時頃。

集合場所に向かってみると、そこで待っていたのが今回の相手。連絡を取り合いながらだったため、すぐに合流することができたのは幸運だった。

「○○さんですか?」と相手が確認してきたので、こちらも身分証明書を見せてもらい、相手が成人していることを確認。そのまま近場で食事を簡単に済ませ、ホテルに向かうことになった。

彼女は思っていた以上に見た目が可愛らしかった。

加えて容姿も性格も清楚で家柄が良さそうな少女が家出。なぜPCMAXを使っていたのか気になったので、少し聞いてみることにした。

すると彼女は重い口を開け、「家出中で」とだけ言うのだった。あまりにも事情が深そうということもあり、詮索するのはやめた。

とりあえずホテルに到着したので、彼女とゆっくりしつつ、自然とそういう流れになった。お互いにシャワーに入ってからベッドでイチャイチャ。

「今日は助かりました♡」と言いながら寄り添う彼女の小さい身体がたまらなく愛おしくなるほど。

数ヶ月家出したままの少女と出会った結果

数ヶ月家出したままの少女と出会った結果

ピロートークで聞いた話では数ヶ月家出したままで、度々こうやって神待ちしているらしい。毎度出会った相手にお小遣いをもらっているのかもしれない。

それにしても彼女はベッドでのテクニックも相当なものだった。こっちで稼いでいるのか。

気づけば彼女と一緒に果てている自分がいた。こんな体験ができるのなら、神待ち少女を狙うのも悪くない。

彼女はこれからも家出生活を続けるようなので、連絡先を交換して、お小遣いをあげておいた。次もまた楽しめたら良いなと個人的には思っている。

ミントC!Jメールは家出少女の逃げ場!助けを求める現状

ミントC!Jメールは家出少女の逃げ場!助けを求める現状

ミントC!Jメールというサービスを知っているだろうか。ここには神待ちする少女が集まっている。

その内容は様々なだが、とにかく色々な子が集まっている。先日、暇もあったこともあり、そんな神待ち少女を拾ってみた。結果、最高の夜となった。

ぐるめ横丁で出会った神待ち少女

ぐるめ横丁で出会った神待ち少女

待ち合わせ場所は駅のぐるめ横丁。お腹が空いているという彼女を少し待たせ、こちらも用意をしてすぐに出発。

駅に近いということもあり、10分ほどで到着。彼女と連絡を取り合いながら無事に合流。見た目は某アイドルのような子だ。

「こんなに可愛い子ならみんな助けてくれそうだけどな」と思うほど、彼女の容姿は相当良かった。性格は子供っぽいと言えばそこまで。

ただ、彼女レベルの子だと、きっと夜の仕事では引く手あまただろう。彼女がそういうお店で働いていたら通いたいくらい。

そんな子がミントC!Jメールにいるということが驚きだ。聞いてみるとどうやら家出してかなり金欠らしい。

ただ、実家の両親と仲が悪く、帰宅するのだけは避けたいらしい。そのことを聞き、彼女とは近場のホテルに向かうことになった。

それにしてもあまりにも可愛いということもあり、こちらも徐々に心を下半身の方に奪われてしまっている。もちろん、相手は金欠だからこそ食べ物や泊まる場所を求めているのだ。

何とか理性を保ちつつ、コンビニで買い出ししてホテルに向かった。

金欠で困り果てた少女と出会った結果

金欠で困り果てた少女と出会った結果

金欠で困っている彼女は、コンビニで買ってあげた弁当を猛烈な勢いでぺろり食べてしまった。

「お腹減ってたから本当に美味しい」とバクバク食べる彼女を見ていると、なんだか自分の娘に食べさせているような気分になってくるから不思議だ。

当然、娘などいないが自分とは一回りも二回りも年下の彼女とホテルにいること自体が、なかなか背徳感を煽る。そのまま彼女とは当然のように身体の関係に。

食べごろの果実をここまで我慢してエスコートできた自分の理性を褒めたい。そして本能の赴くままに彼女を貪った。

これはミントC!Jメールのような神待ちでは当たり前のこと。多くは語らないが、最高の夜だったことは間違いない。

現実から逃げるように助けを求める鹿児島神待ち少女へのコメント

コメントを投稿

他の記事へ