家出して神待ちすることを繰り返す少女たち

家出して神待ちすることを繰り返す少女たち

家出して神待ちすることを繰り返す少女たち

ラブの神待ち事情!家出する少女

神待ち少女の多くは家出をするなど、事情を抱えていることが多い。そんな少女が集まる場所と言えばラブ。

ここには神と呼ばれる人を待つ神待ち少女がたくさんいる。複雑な事情を抱えた子たちを救いつつ、実は遊ぶこともできるのが神待ちの最大の魅力である。

地元のコンビニで出会った神待ち少女

地元のコンビニで出会った神待ち少女

ラブで待ち合わせしたのは地元のコンビニ。「○○で待っているから」という彼女の言葉を信じ、19時頃に到着。

そこに座っていたのは、まだあどけない顔立ちの少女だった。本人であることを確認し、とりあえずコンビニで買い出し。

お腹が空いていると言ったので、彼女にはコンビニ弁当を買ってあげた。「このコンビニスイーツも食べたい」という彼女に買ってあげたのは、ちょっと高いプリン。

それを宝物のように持っている笑顔の少女は、どこかとても可愛く見えた。

コンビニからはタクシーを使って近隣のラブホテルまで。少女がラブを使っていた理由などを聞きつつ向かう。なぜラブを使っていたのか、彼女の答えはシンプルな理由で、家出をしたから。

そんな彼女はまだ学生ということもあってお金もない。

ホテルに到着する頃にはすっかり打ち解けていた。「○○さんに拾ってもらえて良かったよ」と安心した様子の彼女。少女もまた心を開いてくれて、そのままホテルで一夜を明かすことになった。

事情を抱えた少女とはホテルでゆっくりと過ごすことに。

コンビニスイーツで大喜びな少女と出会った結果

コンビニスイーツで大喜びな少女と出会った結果

ホテルで大好きなコンビニスイーツに喜ぶ少女は、到底18歳とは思えないほど子供っぽく見えた。しかし、その無邪気な姿を見ているとこちらも嬉しくなってくる。

コミュニケーションの雰囲気も良く、そのままシャワーに入り、食事と泊まりのお礼としてのセックス。

若いということもあって肌はきめ細かく、触れてみるととても敏感。アソコもすぐに濡れてしまうほど。意外なことにとても楽しそうにセックスをしていた。

ラブは事情があって使っていたようだが、セックスもまた好きなのかもしれない。今後も彼女とは会う約束をし、セフレとして関係を継続していくことに決めた。

神待ち掲示板の美味しいところはまさにこれなのだ。

少女集まるミントC!Jメール!神待ち慣れした家出常習犯

少女集まるミントC!Jメール!神待ち慣れした家出常習犯

やむを得ない事情で家出してしまった少女たちが助けを求める掲示板がある。その名はミントC!Jメール。

ここには家出した少女が集まり、夜な夜な泊まる場所や食事を求めて彷徨っている。助けられるだけの余力があるのなら、ぜひ救ってあげてほしい。

地元の駅前広場で出会った神待ち少女

地元の駅前広場で出会った神待ち少女

地元の駅前広場に向かってみると、そこにいたのは20歳なりたてという少女。高校を卒業してから家出を繰り返し、たまにミントC!Jメールを使って泊まる場所や食事を求めているとのことだった。

さすがに年端もいかぬ少女がホームレスのようになっているのは危険。

見捨てることもできないということで、ラブホテルに泊めてあげることに。その前に「お腹ペコペコ」と言うので、近場にあったファーストフード店で好きなものを食べさせてあげた。

小さな身体なのに大きなハンバーガーを2つとポテトのLを1つあっという間に平らげた。

たっぷりと食べてお腹が満たされて安心したのか、彼女はミントC!Jメールを使っていた理由を話していた。「高校卒業してから親と上手くいかなくて家出してるんだよね」とのこと。

「今は半ホームレスみたいな生活だよ」と語る彼女は寂しそうな顔。

さすがにこの年齢の子たちが外で寝泊まりするのは危険すぎる。しかも見た目がこんなに可愛い少女が外で寝ていたら間違いなく危険。

ミントC!Jメールで彼女を救うことができて心底良かった。その後はホテルに徒歩で向かった。

半ホームレス状態の少女と出会った結果

半ホームレス状態の少女と出会った結果

ホテルでは「まずお風呂に入らせて」と言うので、彼女を先にお風呂に入れ、その後はこちらもシャワー。上がってくるとすっかり彼女は盛り上がっていて、エッチも万全の体制だった。

そこからはベッドで2回戦まで楽しんだ。

ミントC!Jメールには多くの家出少女がいる。そんな少女を救えるのはお金と時間の余裕がある男性しかいない。

これからも彼女は家出をすると思うので、「また困ったら連絡しておいで」ということで連絡先を交換しておいた。しばらくは彼女を守ってあげたいと思う。

家出して神待ちすることを繰り返す少女たちへのコメント

コメントを投稿

他の記事へ