神待ち少女マイナス人生オーケストラとは

PCMAXトップ画像

神待ち少女マイナス人生オーケストラとは

神待ちで検索していると関連ワードに「神待ち少女マイナス人生オーケストラ」と言うワードが必ずと言って良い程でてきます。

「なんなのか?」

個人的に気になったので調べてみました。

何とこの神待ち少女マイナス人生オーケストラとは

マイナス人生オーケストラと言うバンドの曲だったのです。

「マイナス人生オーケストラ?」

ごめんなさい聞いたこともありません。そしてこの神待ち少女と言う曲ですがyoutubeにもアップされていたのでとりあえず聞いて見ました。

視聴回数6000回・・・

なんと微妙な表示回数でしょうか?決して少なくはないのですが多くも無いですね。

そして聞いて見るとなんと本当に神待ちについて歌っていた曲だったのです。

先に言っておきますが、このグループの曲は実に聞き取りにくい(youtube)、普通に聞くと何を言っているのかわからない為歌詞が載っていたサイトより神待ち少女という歌詞を引用させて頂きます。

マイナス人生オーケストラの神待ち少女

–神待ち少女–

作詞・作曲:栗山”HaL”ヰヱス

いじめんのもいじめられんのも
あきちゃったしつまんないししね
周りの子はみんな馬鹿ばかり
盛りのついた猿ばかり憚り

有象無象がみんなしてさ
自分を特別だとかほざく
私は違う 平凡だから
触らないで 馬鹿がうつる

八百万の神様に掲示板でお願いしたの
「誰か私を殺して 若く綺麗な今のまま」
周りの子が拾われて みんな犯されてる頃
私はまだ待っている 今日も憂鬱だ もう寝よう

 [私の夢は立派な死体になることです。
  美しく死せる春を愛さぬ者など居ない]

生きてんのも 死んでんのも
大差ないくらいにつまんねぇ
それならいっそ綺麗なままで
死んでしまえば良いと思うの

八百万の神様に掲示板でお願いしたの
「誰か私を殺して 若く綺麗な今のまま」
周りの子が拾われて みんな犯されてる頃
ついに携帯が鳴った

   「こんにちは 私の神様」

私 邪神に拾われて 堕天してしまったの
玩ばれて汚されて 山に埋められた白い肌
ゆっくりと腐ってゆく その姿はあまりにも
美しく退廃的で 芸術品のようだった

嗚呼

かえれない

これが神待ち少女の実態なのか

これが神待ちを使った女の子達の末路なのかと想像してしまうような歌詞になっています。この歌詞なのですが、これは神待ちだけで無く援助交際や風俗店で働く女の子、AV女優などにも言える事です。

お金が欲しい、もしくは必要だから体を売る、しかし心はどんどん死んでゆく

そして戻ることは出来ない

勝手に解釈すればマイナス人生オーケストラの神待ち少女とはその様な事を内容を伝える為の歌なのではないだろうか。

「確かに一利あります。」

しかし今の時代の背景を考えると昔ほど悲観的に神待ちを利用している女の子は減っている気がします。

むしろ自ら望んで神待ち掲示板を利用する子が増えており、一概に神待ち=死にたくなる程の苦痛では無いと個人的には思っています。

性に関しても昔に比べてる考え方が緩くなっており、セックスそのものに対してなんの抵抗もない女の子も増えてきています。

良くも悪くもこのマイナス人生オーケストラの神待ち少女と言う曲は、かなりピンポイント神待ちを特集した曲だと私は思っています。

神待ち掲示板登録フォーム

神待ち掲示板登録フォーム

国内トップクラスの神待ちがいる神待ち掲示板!ここで探せば全国何処から探しても神待ちが見つかります。登録無料で2000円分のポイントが付いてきますので登録して損はありません。

登録完了後、登録完了メールが届きますが迷惑メールに届く場合がありますので迷惑メールもお確かめ下さい。yahooやgmail等のフリーメールでの登録をお薦めしております。

神待ち掲示板ランキング

ランキング画像1
ワクワクメール
評価★★★★★★★★★★
無料特典初回1000円分無料

ワクワクメールは神待ち専用ではありませんが、神待ちは沢山います。神待ち以外にもセフレ目的や人妻の暇つぶし等のエッチ目的な女の子も沢山います。

ランキング画像2
ミントC・Jメール
評価★★★★★★★★★
無料特典初回1000円分無料

神待ち利用者数は国内トップクラス!年齢制限もしっかりしているので安心して楽しむ事ができます。初めて神待ちをされる方にお薦めのサイトになっています。

ランキング画像3
PCMAX
評価★★★★★★★★☆☆
無料特典初回1000円分無料

利用者数国内トップクラスの出会い系サイト!神待ち利用者も多く簡単に全国の神待ちを見つける事が出来ます。信頼度も激高ですので初めての方にもお薦めです。

神待ち少女マイナス人生オーケストラとはへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ